仲介手数料を考えて選んだ売却の際の不動産会社

マンション売却で不動産会社選び

不動産会社としてどこを選ぶかはマンションを売却するときに悩んだ点でした。
転勤で不要になってしまったマンションを持っていても仕方ないと感じて売ることを決めたのですが、住宅ローンも残っていたので返済できなければならないという問題がありました。
転勤先でもマンションを購入したかったので少しでも売却による現金収入を大きくしたいという気持ちが強かったのです。
不動産会社の選び方次第で手に入れられる金額にも大差が生じる可能性があることは情報収集をしているとよくわかりました。
色々な情報を集めた結果として選んだのが仲介手数料無料の会社です。
いくらで売れるかは買い手によっても異なるので、売れたときに無駄な費用をかけないようにするというのが自分の考えた結論でした。
高ければ売れないというのは確かであり、相場通りの価格であったとしても買うのを断念してしまう人もいるでしょう。
それを考えると売却価格は相場程度であれば十分という考えを持って、諸費用を削減するという考え方で売るのが賢明だと考えたのです。
仲介手数料は売買価格の3%以上にもなるものであり、自分のマンションの場合には100万円以上になるだろうという想定になっていました。

不動産の売却には仲介手数料がかかります。

不動産の売却についてご存じない方も多くいるはずです。
実際に私も最近までは全く知識もない状態でした。
ですが、子供の成長にあわせて分譲マンションから一戸建てへ引っ越しをすることになったため、どういった手順で進めていくか、どのような価格帯で売却が可能かなど、気になる点をすべてインターネットで調べました。
そもそも、中古不動産の売却には大きく二通りの方法があり、不動産会社に直接買取をしてもらう方法と、不動産会社経由で販売をしてもらう仲介の二つの方法があるという初歩的なこともしりませんでした。
実際に不動産一括査定サイトを3種類ほど利用し、業者10社から机上査定を取った結果ですが、一番低い査定価格と一番高い査定価格では約800万円もの差があり驚きました。
ちなみにこの金額は仲介でお願いした場合の金額です。
業者買取の場合は最安で1000万円、最高でも1600万円でした。
買取の場合はその場ですぐに買い取りをしてもらえるため、時間がかからないことと、すぐに現金が手に入るというメリットがあるのですが、その価格は希望額を大幅に下回っていたため却下しました。
何故なら、住宅ローンの残債が2180万円残っていたからです。
その為、売却方法は迷わず仲介を選択、依頼する不動産会社は某FCに加盟している地元の会社へ依頼することに決めました。
理由は、机上査定後の訪問査定を依頼した際、説明が具体的で分かりやすかったこと、机上査定額についても周辺相場を考慮しつつ、こちらの要望も理解した価格で合ったということ、専任媒介で頼むことで瑕疵担保保険を無料で付帯してもらえるというサービスがあったからです。
仲介を依頼する場合、一つの会社へ専属でお願いする専任媒介と、複数社へ同時にお願いすることができる一般媒介があり、専任の方が会社側も利益が出る可能性が多い為、色々な独自のサービスを付けている場合が多くなっています。
販売価格は2280万円の提案でしたが、少しでも早く売却したいという思いから2180万円での販売で依頼をしました。
結果、販売開始よりおよそ2ヶ月で無事に買い手が見つかりました。
それまでには数件の内覧を実施しましたが、あれほど大変なものはないと感じます。
なぜなら、内覧希望者が来る際には、印象を良く持ってもらうように掃除はもちろん、普段使用しているものも一旦収納し、部屋を広く見せる工夫もしなくてはならない為です。
これは売主の販売したいという思いの強さによるところではあります。
無事に買い手が見つかった為、契約することになりました。
中古物件の為、自分が購入した際のパンフレットや契約書類なども見せてほしいと言われたり、値段についても値引き交渉が入ったり、すべてが当初の計画通りとはいきませんでしたが、売却することを優先とさせたため仕方ないと感じています。
一戸建てへ引っ越すまでに多少のタイムラグが発生することを事前承諾いただいていたため、引っ越しの準備にはゆとりを持つことも可能になりました。
これは依頼する会社から事前に確認される為、心配は不要です。
また、専任媒介で頼んでいたため、水道管、給湯設備などの瑕疵担保の対象となる部分についても、万が一の場合も費用が掛かる心配もなく安心して引っ越すことができそうです。
あとは仲介してもらったことに関する手数料を販売依頼した会社へ支払うのですが、この費用は法律で定められている為、事前に予測可能でした。
物件の販売価格の3パーセントと6万円が合計額となり、事前に予測できたため想定内でしたが、あとあと調べてみると少し後悔しました。
この価格は最大値であり、必ずしも最大値支払う必要はないそうです。もう少し早めに調べておけば良かったと反省しました。

マンション売却で不動産会社選び仲介手数料無料の会社を選ぶ運よく事が進みましたj